MENU

車の売却方法は一つではない

長年愛用した車。自分が気に入って買った車で大切にしていたとしても、年数と共に劣化してしまうのは避けようがなく…そうなると、嫌でも買い替えを検討しなくてはいけなくなります。車を手放すとなると、それが完全に走れない状態であれば廃車となりますが、そうでなければ売却となります。売却するとなると、定番なのが次の車を買うための下取りにだすことです。
車は決して安いお金で買える物ではありませんし、走れる車であればいくらかのお金で買取ってくれます。一般的には次の車を購入するお店で下取りに買ってもらい、それを次の車の支払いに当てます。でも、それ以外にも売却する方法はあるわけで…場合によっては売却方法によって金額が大きく増えることもあるのです。売却する際には、次の車の購入先以外ではどれくらいの金額で買ってくれるのか…そこらへんも調べるといいですね。

 

売却先を選ぶのも大事ですが、他にも車を高く売る上で忘れられないポイントがあります。まず、車を売却するタイミングです。車を売るのは、早ければ早いほど高額査定になりやすいもの。年数と共に劣化していきますから、古くなるほどその価値はどんどん下がっていくのです。次に購入する人も、あまり古い車を買いたがらないのもありますが、それは機械ですから当然といえば当然のことですね。驚くほどに、その金額の下がり具合は1年単位とかではありません。たった1ヶ月で買取価格に差が出てくるようになるというのですから、思い立ったらすぐに売ってしまったほうがいいといえます。

 

また、中古車市場には、その時期により価格の変動があります。買取価格が上がりやすいのはいつかというと、3月と9月。なぜなら、どの会社も決算時期に入っているからです。ですから、売却を検討しているのであれば、この時期を狙って交渉してみるといいでしょう。


査定に出す前にクリーニング

車の見積もりを出しもらう前には、しっかりとクリーニングをしておきましょう。クリーニングと言っても、そう大掛かりなものではありません。ボディをきれいに洗ってあげるだけです。できれば、車内もきれいに掃除するといいでしょう。意外と汚れがたまっているものですから、掃除機をかけてマットを水洗いする…それをやるだけでも随分と違ってきます。

 

第一印象がとても良くなり、買取価格にもそれは反映されるものとなります。同じレベルの中古車でも、見た目がきれいであると、やはりきれいな車の方を高く評価するのはごく自然なことです。できるだけきれいにしてから、査定に出すようにします。


車の見積もり依頼は複数社にお願いする

車の査定…つまりは見積もりですが、これはほとんどの会社で無料でやってくれています。無料ですから、ここは遠慮せずにいくつか複数の会社から見積もりをして、それぞれの買取金額を比較検討するようにしましょう。「どこも一緒なんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、意外と各社それぞれの金額である事も多く、極端な話では査定額にかなりの差があることもあるようです。それだけ、同じ車でも会社によって価値基準が違うということなんですね。価格に差がでてしまう理由の一つを上げれば、丁度その車(メーカー、機種、ブランド)が欲しかったから…ということがあります。欲しいと狙っていた車の種類なだけに、他社に買取られてはまずいと買取価格を上げてくれるのです。

 

複数の自動車会社から見積もりを取る際には、必ず営業マンに「他の会社からも見積もりを取っている」ということを伝えるようにしましょう。そうすると、ライバル心から「それならこちらは…」なんてちょっと上げてくれる事もあるのです。査定ごとに説明するのは面倒からもしれませんが、この一手間で買取金額が上がるかもしれないのですから、試さない手はありません。


場合によっては駆け引きが必要となることもある

複数の自動車会社に見積もり依頼をして、それぞれ出してもらうにしても、この作業はけっこう根気と時間がいるもの。最初に見積もりをお願いした会社は、最後の会社が見積もりを出してくれるまで待たされるわけですから、もしかしたらせっついてくることもあるかもしれません。営業マンもしたたかですから、「今日、売ってくださるのであれば、この価格で買い取ります。でも、
無理であれば価格が下がるかもしれません」なんて条件を提示してくることもあるのです。この場合、すでに複数から見積もりが出ていて、催促された会社の金額が他よりも悪くなければ、考えてみてもいいかもしれません。
そこらへんの判断は、自分次第となります。ですが、少しでも迷いがあるような金額であれば、いったん保留にして他社と交渉してみたほうがいいかもしれません。最終的にはどれくらいの金額で買取ってもらいたいのか…それを目標に粘ってみるのもありです。

 

逆に、こちらから駆け引きを仕掛けてもいいですね。例えば、売値は30万と決めていたとします。それに近い金額を提示してきたら、「30万で決めてくれたらすぐに売ります」なんて持ちかけてみてもいいですね。すぐには「イエス」と言うとは限りませんが、もしかしたら上司などに掛け合って、後日承知してくれるかもしれません。

 

とはいえ、あまりにも欲をみるとどこも買取ってくれなくなりますので、自分で目標額を決めるにしても、インターネットなどで大体の市場価格を見てから決めるようにしましょう。

 

http://kegoba.mobi/


更新履歴