車 売却 高く

MENU

車の種類は大きく分けて5種類ある

車を買うといっても、その種類の多さにびっくりする人も。国内にある自動車メーカーそれぞれが、数十種類になる数の車を生産しているのですから、そのなかから選ぶのはなかなか大変です。多種多様な自動車ですが、その形は主に5種類となっています。

 

@セダン
一般的なベーシック・デザインとなっているのが、セダンタイプと呼ばれる車です。エンジンルーム、座るスペース、トランクから構成されており、「3BOX」なんて呼ばれ方もされています。有名なところを挙げると、トヨタ「セルシオ」やホンダ「フィット」、スズキ「アルト」などがあります。

 

Aミニバン
室内は広く、多くの人数が乗れるのがファミリータイプに人気となっています。小型トラックを乗用化したもので、屋根が比較的高く作られており、座るスペースと収納スペースを一つの空間としていますのでその形は若干ごつい印象も…。代表的なミニバンとしては、ホンダ「オデッセイ」や日産「エルグランド」などがあります。

 

Bステーションワゴン
セダンタイプとミニバンタイプの中間的な存在。全体的に長い作りになっており、車高はそう高くはなっていません。走りと居心地は快適なものとなっています。代表的なステーションワゴンタイプといえば、ホンダ「アコードワゴン」や日産「ステージア」があります。

 

CSUVタイプ
アウトドアにピッタリなタイプ。排気量と車幅が大きく、雪道などの走りにくい道でも走行可能な車です。車高が高く、全体的にもどっしりとした重量感を感じさせるデザインで、代表的なSUVタイプとしては、トヨタ「ランドクルーザー」や三菱「パジェロ」があります。

 

Dオープンカー
屋根が完全に格納されるフルオープンタイプと、屋根の一部だけが格納できるタルガトップとあり、どちらも開放感いっぱいの車。そのデザインもオシャレでスタイリッシュとなっており、他の車とは雰囲気からして異なっています。代表的なオープンカーとしては、マツダ「ロードスター」やアルファロメオ「GTV」があります。


ライフスタイルと車の特徴を見極めて選ぶ

車を購入する際には、その人のライフスタイルに合ったタイプを選ぶのも大事。毎日、プライベートだけでなく仕事でも乗るのであれば、セダンタイプがオススメです。最近のセダンタイプは燃費がよい車が多くなっていますから長距離移動にも無理がなく、派出なところがないので、仕事用としても会社で変に目立つことがありません。車内空間は快適ですから、ストレスもすくなく運転することができます。

 

また、キャンプやウィンタースポーツなど…大自然の中で過ごすことが多いアウトドア派の人には、道が整備されていない悪路や汚れなどにも強いUSVタイプがオススメです。このタイプは走行性能が優れているだけでなく、車内空間や収納スペースも充実していますので、アウトドア用品の持ち運び面からも良いものとなっています。

 

このように、車の特徴と自分のライフスタイルがよりマッチするのタイプを選ぶと使い勝手もよいものとなります。