車 売却 高く

MENU

もしもの時に安心!ロードサービス

車に乗っていると、思わぬトラブルが発生することもあります。そうしたトラブルから助けてくれるのがロードサービスです。ロードサービスで有名なところといえば、JAF。数千円程度の年会費を払うだけで、さまざまなロードサービスを受けることができます。ですが、実は自動車保険にも無料のロードサービスがついているものもあり…意外とこれを知らない人もおり、ちょっともったいないものとなっています。自分が加入している自動車保険に、ロードサービスがついているのか、確認しておくといいでしょう。

 

このロードサービスが利用されるのは、バッテリーが上がってしまって動けなくなったときや、車のキーを車内におきっぱなしにして扉を閉めてしまったとき。タイヤがパンクしてしまった、ガソリンが切れてしまい走れなくなってしまった…など、こんな緊急のトラブル時に助けてくれます。スペアタイヤの交換やガソリン補給などのサービスを、24時間365日無休でやっているのです。連絡を入れると、すぐに現場にスタッフが駆けつけてくれます。もしも、現場では対処しきれないような状態であった場合は、車を修理工場までレッカー移動してくれるあり、幅広いトラブルに対応しているのです。


会社によって違う、ロードサービスの範囲

このロードサービスのサポート内容は、会社によって異なるものとなりますので要注意。トラブルの解決だけでなく、トラブル後のサポートもしてくれる会社もあります。トラブル後のサポートとは、車が使用できなくなり自宅に帰るのが困難になってしまった…なんて時に、自宅や目的地までの交通費や宿泊費用、代わりの車のレンタカー代金などをサポートしてくれるのです。どこまでサポートしてくれるかは、条件や保険会社によって変わってきます。

 

また、先ほどすこし触れた、自動車保険についている無料のロードサービス。これはどうなのかというと、まず、すべての自動車保険についているわけではないこと、用意されている自動車保険であっても契約内容によってはついていないこともあること、特約(つまりはオプション)としてセットになっている場合と…加入している自動車保険によって異なるものとなっています。ですから、自分が加入する自動車保険にロードサービスはどのような形でついているのかチェックしておきます。

 

専門のロードサービス会社を選ぶか、それとも自動車保険のオプションとしてロードサービスを付けるか…どの程度のサービスを受けたいかで選ぶといいでしょう。雪が降る地帯などに行く事が多い、もしくは遠出することが多い場合は、サービス内容が豊富な専門のロードサービス会社に頼んだほうがいいかもしれません。逆に、雪が降ることもないし、遠出する事もない。車に乗ることも少ない…なんて場合は、自動車保険についている無料のロードサービスのほうがいいかもしれませんね。どのロードサービスを選ぶかは、自分の車の使い方に照らし合わせて選ぶと、もしもの際に適したサービスを受けることができます。